ノーノースメル 効果なし 足が臭い

女性のブーツの臭いは男性の足の5倍の臭さ!?

 

実は男性の足よりも女性のブーツの方が5倍以上臭いことをご存知ですか?
あまりにも臭うために、座敷の宴会に行くことに恐怖を覚える人なども少なくありません。

 

履物を脱いだ時の嫌な足の臭いを防ぐポイントをまとめてみました。

 

オリコンの記事によると、革靴に靴下の男性と、ブーツにストッキングの女性のそれぞれの臭いの原因菌の増殖率を、午前と午後で調べたところ、男性が増殖率4倍だったのに対し、女性の場合はなんと23倍だったそうです。つまり女性の足は男性より約5.8倍も臭いということになってしまっています。

 

足が臭くなるそもそもの原因は、1日にかくコップ一杯分の汗の量と、皮膚の常在菌(表皮ブドウ球菌、コリネバクテリウムなど)によって発生する脂肪酸です。

 

靴や靴下を履くいていると足は非常に蒸れやすくなるので、雑菌が大喜びの環境になってしまいます。

 

また、ニオイの原因菌である「イソ吉草酸」は非常に落ちにくい物質であることも注意すべきポイントです。

 

ブーツが強烈な足の臭いになる原因はその作り、構造にあります。

 

寒さ対策のための密閉されたブーツの作りは、湿気も逃さない構造になっているため、湿度は95%以上、温度は32℃以上で、バクテリアや雑菌の繁殖には理想的な環境となってしまっているのです。

 

ですので、足の臭いを防ぐためには靴選びが最初の大切なポイントになります。
通気性の良いものを選び、同じ靴を毎日履かないようにすると良いでしょう。
また、ゴムや合皮の靴は通気性が悪く蒸れやすいのでお勧めできません。

 

次に、湿気を防ぐちょっとしたコツについて紹介します。

 

・防水スプレー
 まんべんなくブーツの表面に革用防水スプレーを吹きかけることで余分な湿気を防ぐ事ができます。

 

・インソール
 足の裏の汗を効率的に吹いとるため、蒸れ防止の効果があり臭いを防ぐ上で有効です。

 

・10円玉
 靴の中に10円玉やお菓子や海苔などについてる乾燥剤、使用済みカイロを入れると、
 それらは湿気を吸い取ってくれるので、臭いの原因を抑えてることに役立ちます。

 

次にお風呂で足を洗う際のポイントを紹介します。

 

・お勧めは固形石鹸を使用すること
 保湿成分が足に残ってしまうと、蒸れの原因になるので、足を洗う場合は保湿成分の多いボディーソープは使用せずに、固形石鹸などを使用しましょう。

 

・足の指の間を丁寧に洗う
 指の間は基本的に荒い漏れの多い部分です。そのため、雑菌や古くなった角質が残り臭いの原因になりがちです。
 お勧めは固形石鹸で「泡パック」することを習慣化することです。